【BPRE】アームズマガジン「Cold Harbor SPG Carbine」再現企画(セラコート・刻印編)

みなさん、こんにちは!

先日当ブログでも公開させて頂いたアームズマガジン企画Black Powder Red Earrth(以下BPRE)ライフル再現企画ですが、刻印や塗装についてのお問い合わせも数多く頂きましたので今回は、その点についてご紹介させて頂きます。4Dプリント(水圧転写)編はコチラ→(http://www.suiatsutensya.jp/posts/3729320


今回、作品内のライフルを再現するためベースに選ばれた「東京マルイ製M4A1 MWS/REAL GAS BLOW BACK)」ですが、みなさんもご存知の通り純正の刻印はCOLT社の仕様になっています。そのため、作品通り刻印をBCM仕様へと変更する必要がありました。

また、アームズマガジン編集部より組み替えたパーツを含め全体をCerakote(セラコート)で仕上げてほしいとの要望もありレシーバーのみならず、ハンドガード、ボルト等も全て弊社でセラコートで換装しました。

▲東京マルイ製 M4A1 MWS / REAL GAS BLOW BACK


今回の再刻印でご協力を頂いたのが、これまでトレーニングウエポンやモデルガンなど刻印に強いこだわりのあるユーザーに支持されてきたLOWSHIP様(https://www.low-ship.com/です。

LOWSHIP様は、レーザーによる白彫りや深堀り刻印のみならず、元々の刻印を埋めての再刻印まで行って頂けるユーザーに心強い刻印業者です。

▲COLT刻印を埋め、S&W刻印を施したもの(塗装前)

こちらはサンプルですが、COLT刻印を埋めた後に再度S&W社の刻印を行ったものです。

埋めた刻印の表面を指でなぞってみましたが、全く凹凸がなく仕上げに塗装を行うと完全に見えなくなってしまいました。

そして、この技術を使用して完成したMWSのロアがコチラ!

▲東京マルイ製M4A1ロアレシーバー①(再刻印施工済)

▲東京マルイ製M4A1ロアレシーバー②(再刻印施工済)

COLTのマークはもちろん、民間仕様のためセレクターのFULLもしっかりと消え、BCMの刻印へと生まれ変わりました。

▲アッパーの浮き文字再現(セラコートBK仕上げ)

さらに、注目して頂きたいのはこちらの部分です!東京マルイ製MWSはCOLT社の仕様で作られているため純正品にはCOLT社の下請けを行っている企業の浮き文字が入っています。

そのため、こちらも一度元の文字を削り取り★BCM仕様に再度マークを付け直しています。

▲アッパーレーザー刻印(セラコートBK仕上げ)※レーザー刻印中

▲ハンドガードレーザー刻印(セラコートBK仕上げ)※レーザー刻印中

▲ボルトレーザー刻印(セラコートオリジナルブロンズ仕上げ)

【仕上げ】

仕上げに全体をセラコートの艶消しBKでコーティング後、各部位に★BCMのレーザー刻印を施して完成しました。

仕上げのセラコートは、ハンドガード・レシーバーに「H-190 Armor BK」を使用しています。艶消しの黒色のため光の当たり方でグレーにも見える実銃に近いカラーです。

また、ボルト部分は市販されているカラーではなく「H-148 Burnt Bronze」カラーをベースに色を調合したオリジナルカラーになります。

▲完成イメージ(※画像は実銃のものになります)

今回ご紹介したセラコート+刻印パーツと前回の4Dプリント(水圧転写)パーツを組み合わせた完成品は、2018年アームズマガジン4月号「Black Powder Red Earth Yemen特集記事」http://hobbyjapan.co.jp/armsmagazine/)にて掲載頂いております。

気になる方は、ぜひこちらもご購入下さい!


もちろん、同仕様のエアガン作製も承っておりますので、こちらも弊社までお問い合わせください!

セラコートもできる!日本製超高品質なら「水圧転写(4Dプリント)」

自社工房でオリジナル製作も1品のワンオフから、大量生産もOK!セラコートもやってます!水圧転写は凹凸など複雑な形状のものでも転写することができ、転写物の素材を選ばず、プラスチック、金属などの様々な素材に転写可能です。 営業時間:平日9:30~17:30 TEL:06-6743-3880